IPO新規承認「KIYOラーニング」主幹事はSMBC日興証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「KIYOラーニング」

このほど「KIYOラーニング」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「個人向けオンライン資格講座及び法人向け社員教育クラウドサービスの提供」になります。

KIYOラーニングは、オンライン資格取得講座「STUDYing」や企業向け学習管理システム「AirCourse」を運営している企業になります。

学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出すをミッションとし、学びやすく、分かりやすく、続けやすい学習手段を提供しています。

KIYOラーニングの上場スケジュールなど

主幹事  SMBC日興証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  サービス業
想定価格 1,980円
当選枚数 3,912枚
仮条件日 6/29
BB期間 6/30~7/6
公開価格 7/7
申込期間 7/8~7/13
上場日  7/15

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

KIYOラーニングの総評①

業種は「サービス業」(個人向けオンライン資格講座など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

当選枚数は「3,912枚」と「少ない」ので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOはそこそこ多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の業績は、現状「赤字経営」になりますので、業績に不安があると思います。

KIYOラーニングの総評②

業態は、個人向けオンライン資格講座などですので、業態の人気は「低い」と思います。

そして、資格講座などはよくある業態で、同業他社も多いことから…

新型コロナでオンラインの需要が高まっているとはいえ、将来性は低いのかなと思います。

また、VC及びSOはそこそこ多く、業績も赤字経営になりますので、その点もデメリットになると思います。

ただし、吸収金額は少ないので、その点は良いと思います。

総評としては、吸収金額が少ないのは評価できると思いますが、それ以外のメリットは少ないと思います。

そこで、上場日の相場の状況にもよると思いますが、公募割れはないと思いますが、上値は限定されると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました