IPO初値予想「恵和」地合いが回復していますね!

スポンサーリンク

IPO初値予想「恵和」

上場日:2019/10/30

市場:東証二部

業種:化学

公開株数:2,280,400

公開価格:770円

主幹事:大和証券

事業内容:光学シート、産業資材などの製造販売

恵和の考察①

恵和の業種は「化学」(光学シートの製造販売など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「2,280,400株」と多いですが、吸収金額は多くないので、その点での需要は普通かと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は上げ下げしていて、頭打ちになっていますので、業績に不安があると思います。

恵和の考察②

恵和の業態は、光学シートの製造販売などですので、業態の人気は「低い」と思います。

化学といえば、IPOでは「人気薄」の業種になると思いますので、人気は一段落ちると思います。

ただし、公開価格が安いことで、買いが入りやすいメリットがあると思います。

また、恵和は一般的に言われる「オールド企業」で、業績は安定している反面、頭打ちになっています。

考察としては、IPOの地合いは回復傾向にあり、公開価格が安いことで、一定の買いが入ると思います。

しかし、業態や業績などを見ると、上値は限定されると予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:850円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました