IPO仮条件「恵和」(けいわ)BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

恵和(けいわ)の仮条件について

昨日発表された「恵和」(けいわ)の仮条件について

その内容は、想定価格「770円」に対して、仮条件は「700円~770円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

その理由は、業態が「光学シートなどの製造販売」ということで、IPOとしては「地味な業態」になるからです。

また、東証二部上場というのも、上ブレしなかった理由になると思います。

恵和について

恵和の業態は「光学シートなどの製造販売」ですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、業態は地味だと思いますが、その反面「安定感」はあると思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

業績については、売上を見ると頭打ちになっていますので、業績に不安があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、業態的に人気薄で、東証二部上場というものマイナスだと思います。

そのことで、仮に公募割れしなかったとしても、上値は限定されると予想しています。

となると、公開価格が安いので、手数料負けになることも、大いにあると思います。

さらに良くないのは、手数料が高い大和証券が主幹事ですので、その点も加味する必要があると思います。

また、業績が頭打ちなのも気になる点で、良くいえば安定感がある、悪くいえば伸びしろが少ない、ということになると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、不参加の方向で考えていますが、まだはっきりと決めていません。

また、大和証券が主幹事で当選枚数が多いので、当選するチャンスは高いと思います。

しかし、初値高は期待できないと思いますので、微妙なIPOになると思います。

また、現時点での初値予想は「公開価格前後」なのかなと予想しています。

そして、仮に公募割れしなかったとしても、手数料負けになる場合もあると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました