IPO初値予想「霞ヶ関キャピタル」久々の上場で爆上げ確定か!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「霞ヶ関キャピタル」

上場日:2018/11/28

市場:東証マザーズ

業種:不動産業

公開株数:155,000

公開価格:3,240円

主幹事:みずほ証券

事業内容:太陽光発電施設の開発・販売および売電事業、不動産コンサルティング事業、ショッピングセンターの運営事業

霞ヶ関キャピタルの考察①

霞ヶ関キャピタルの業種は「不動産業」(太陽光発電施設の開発など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開枚数は「155,000株」で、少ない「プラチナチケット」になりますので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVC及びSOはそれほどないので、その点での需要も良いと思います。

会社の売上や利益については、今年は急激に伸びていますが、それ以前は上げ下げしていますので、業績について不安があるとと思います。

霞ヶ関キャピタルの考察②

霞ヶ関キャピタルの業態については、太陽光発電施設の開発などになりますので、業態の人気としては「低い」と思います。

また、太陽光とか不動産コンサルとか、業態的には成熟しきっていて、IPOとしての魅力に欠けると思います。

ただし、公開株数が少ないプラチナチケットになり、上場スケジュールも良いと思いますので、その点で人気が集まると思います。

考察としては、業態は魅力に欠けますが、需要や上場スケジュールが良いことを考えると、高い初値が期待できると思います。

初値予想

評価:A(8)
初値予想:7,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!