IPO初値予想「カクヤス」公募割れはなさそうな雰囲気

スポンサーリンク

IPO初値予想「カクヤス」

上場日:2019/12/23

市場:東証二部

業種:卸売業

公開株数:2,348,300株

公開価格:1,600円

主幹事:野村証券

事業内容:酒類・食品などの料飲店および一般個人向け販売

カクヤスの考察①

業種は「卸売業」(酒類・食品などの販売)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「2,348,300株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「90日or180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上を見ると「頭打ち」になっていますので、業績に不安があると思います。

カクヤスの考察②

業態は、酒類・食品などの販売ですので、業態の人気は「低い」と思います。

さらに、酒類の販売などは同業他社が多いので、業態の人気は一段落ちると思います。

そして、業績を見ると「頭打ち」ですので、その点もデメリットになると思います。

正直なところ、需要、業態、業績、どれを見てもコレといったものはなく、IPOが好調でなければ、厳しい面があったと思います。

ただし、安定感がある「野村証券主幹事」というのは、メリットになると思います。

考察としては、IPOが好調なことを受けて、公募割れはないと予想しますが、上値は限定されると予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:1,800円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました