IPO仮条件「カクヤス」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

カクヤスの仮条件について

本日発表された「カクヤス」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,520円」に対して、仮条件は「1,520円~1,600円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、強気な仮条件だと感じました。

その理由は、酒類などの「小売業」になりますので、業種的にも業態的にも人気は「低い」と思うからです。

また、吸収金額も大きいので、需要的にも「弱含み」になると思います。

カクヤスについて

カクヤスの業態は「酒類など販売など」ですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、吸収金額が大きいので、需要的にも「弱い」と思います。

主要株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は上げ下げしていますので、業績に頭打ち感があり、不安があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、吸収金額が大きいことで需要的に弱く、業態的にも弱いことです。

さらに、業績も良いとはいえないと思いますので、総じてデメリットが多いと思います。

また「売出株」が多いのも気になるところです。

ただし、仮条件を強気に設定していますので、一定の人気はあるのだと思います。

また、主幹事は安定性がある「野村証券」になりますので、その点も良いと思います。

さらに、知名度もそこそこ「高い」と思います。

最後に

今回のBBスタンスは「不参加」にしたいと思います。

その理由は、IPOとして見ると、業態的な人気は薄く、需要も良いとはいえないと思うからです。

また、業績を見ても良いとはいえず、コレといって買い進む理由がないからです。

それでも、上記に書いたように、仮条件の強気設定や野村証券主幹事などを見ると、一定のメリットはあると思います。

そして、現時点での初値予想は「公開価格前後」になると予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました