IPO仮条件「JTOWER」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

JTOWERの仮条件について

今日発表された「JTOWER」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,550円」に対して、仮条件は「1,550円~1,600円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、強気な仮条件だと感じました。

その理由は、吸収金額が大きい「大型IPO」になりますので、需要的に「弱い」と思うからです。

また、業態的な人気も高いとはいえないと思います。

JTOWERについて

JTOWERの業態は「通信インフラやその関連ソリューションの提供など」ですので、業態の人気は「普通」かと思います。

ただし、通信インフラの一本化や効率化ができるなど、メリットもありますので、人気は一段上がると思います。

とはいえ、吸収金額から考えると、需要は「弱い」と思います。

主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要も良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上を見ると「赤字」ですので、業績に不安があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは「大型IPO」になりますので、需要的に「弱い」ところです。

また、VC及びSOも多いので、需要はさらに弱くなると思います。

それ以外にも、業態的なテーマ性は良いとはいえず、業績は「赤字経営」ですので、その点もデメリットになると思います。

さらに、上場日は「三社同時上場」になりますので、資金の分散も気になるところです。

こうして見ると、メリットを探す方が難しいと思います。

最後に

今回のBBスタンスは「不参加」にしたいと思います。

理由は、上記に書いたように需要や業績など、デメリットが多くあるからです。

さらに、12月のIPOラッシュを考えると、無理にBBに参加する理由もないと思います。

そして、現時点での初値予想は「公開価格前後」になると予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました