IPO初値予想「日本ホスピスホールディングス」在宅ホスピス事業

IPO初値予想「日本ホスピスホールディングス」

上場日:2019/3/28

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:2,185,000

公開価格:1,000円

主幹事:野村証券

事業内容:在宅ホスピス事業

日本ホスピスホールディングスの考察①

日本ホスピスホールディングスの業種は「サービス業」(在宅ホスピス事業)ですので、業種の人気は「普通」かと思います。

公開株数は「2,185,000株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の業績は、設立間もない会社ですので、今後の業績見通しは「不明」になります。

日本ホスピスホールディングスの考察②

日本ホスピスホールディングスの業態は、在宅ホスピス事業ですので、業態の人気は「普通」かと思います。

また、在宅ホスピス事業については、IPOとしては新規性は薄いですが、今後伸びる業態だと思います。

そして、上記に書いた通り需要的に良いとはいえず、業績見通しも不明ですので、その点はデメリットになると思います。

また、上場日は「三社同時上場」になりますので、資金の分散が気になるところです。

考察としては、公開株数が多く売出株やVCも多いことから、需要的に公募割れの可能性があると思います。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:1100円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました