IPO新規承認「日本ホスピスホールディングス」在宅ホスピスサービスの提供

IPO新規承認「日本ホスピスホールディングス」

このほど「日本ホスピスホールディングス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「在宅ホスピス事業」になります。

日本ホスピスホールディングスは、ホスピス住宅・訪問看護・訪問介護をベースに・・・

地域の状況に応じて、居宅介護支援事業所によるケアプランニング、その他の在宅ケアを組み合わせたサービスを提供しています。

日本ホスピスホールディングスの上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  サービス業
想定価格 780円
当選枚数 21,850枚
BB期間 3/11~3/15
当選発表 3/18
申込期間 3/19~3/25
上場日  3/28

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

日本ホスピスホールディングスの総評①

日本ホスピスホールディングスは「サービス業」(在宅ホスピス事業など)になりますので、業種の人気としては「普通」だと思います。

当選枚数は「21,850枚」と多いですが、想定価格は低いので、その点での需要は普通だと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVCはなく、SOの枚数は少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益は、設立間もない会社ですので、今後の業績判断は難しいと思います。

日本ホスピスホールディングスの総評②

日本ホスピスホールディングスの業態は、在宅ホスピス事業などになりますので、人気としては「普通」だと思います。

ただし、在宅ホスピスについては、今後伸びる傾向にあると思いますので、将来性は良いと思います。

それ以外では、設立が浅く今後の業績見通しが不明なのは、デメリットになると思います。

総評としては、需要や業態で大きなデメリットはなく、公募割れはないと思いますが、上値は限定されると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました