IPOラッシュの12月の戦略を立ててみました。

スポンサーリンク

12月のIPOについて

来月12月のIPOの上場は、リートも含めると、合計で「24社」になります。

そして、その全てを管理するのは、大変なことだと思います。

また「大型IPO」が多いので、BBに参加するかで、悩むIPOも多いと思います。

そこで、計画というか戦略を事前に立てる必要があると思います。

とはいえ、私の戦略はそう難しい戦略ではなく、簡単にいえば悩むようなIPOは、すべて切り捨てる戦略です。

12月のIPOの戦略

まず、大型IPOは基本的に全て切り捨てます。

ただし、前評判が良いとか、公開価格が安い低位株は除きます。

そして除外対象は、以下の大型IPOになります。

・SOSiLA物流リート 投資法人

・テクノフレックス

・メドレー

・JMDC

・ランサーズ

・フリー

・JTOWER

・SREホールディングス

・カクヤス

BB不参加は9社

大型IPOでも「マクアケ」は「前評判が良い」のでBB参加

また「スペースマーケット」と「ファンペップ」は「低位株」になりますので、こちらもBB参加

ということで、12月に上場されるIPOのうち、上記の「9社」がBB不参加になります。

これで12月のIPOは悩むことなく、BBに参加できると思います。

ただし、仮条件などの状況を見て良いと思えば、除外したIPOのBBに、参加する可能性もあります。

とはいえ、12月のIPOは、大型IPO以外は当選する気がしません。

12月に集中する意味がわからない

そこで、上記の除外したIPOを除くと「マクアケ」ぐらいしか、当選はないと思います。

もしくは、可能性として高いのは、SBI証券が主幹事の「BuySell Technologies」ぐらいだと思います。

ですので、12月のIPOは多いですが、全敗で全て落選ということも、普通にあることだと思います。

それにしても、12月のIPOを見ると、いつも思うことなのですが…

無理して12月に集中せず、11月とか1月に分散すれば良いのにと思ってしまいます。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました