SBI証券主幹事のどれにIPOポイント使おうかな?

スポンサーリンク

SBI証券主幹事が4社上場予定

6月に上場するIPOは、今のところ「19社」となっています。

そのうち「4社」が「SBI証券主幹事」になります。

そして、SBI証券が主幹事といわれて考えるのは、IPOチャレンジポイント(以下、ポイント)を使うか使わないかということ。

ポイントは年々インフレしていますので、できるなら早目に使いたいところだと思います。

そこで、6月に4社もSBI証券主幹事が上場するとなれば、この機にポイントを使わない手はないと思います。

ただし、闇雲に使っても無駄にポイントを消費するだけですので、ポイントは慎重に使いたいところだと思います。

SBI証券主幹事の4社の内容

ペルセウスプロテオミクス

・想定価格 870円
・公開株数 37950枚
・業態   医薬品
・上場   マザーズ

アイ・パートナーズフィナンシャル

・想定価格 2940円
・公開株数 1150枚
・業態   金融業
・上場   マザーズ

HCSホールディングス

・想定価格 1730円
・公開株数 7245枚
・業態   情報・通信業
・上場   JQS

セレンディップ・ホールディングス

・想定価格 1130円
・公開株数 9774枚
・業態   コンサル業
・上場   マザーズ

考えるまでもなく…

上記を見ると考えるまでもなく「アイ・パートナーズフィナンシャル」が最有力というか一択になると思います。

しかし、公開株数から考えると激戦になるのは必至で、最低でも700ポイント以上必要とか、もしくは800ポイント以上必要かもしれません。

そうなると私が持ってるポイントでは少々心もとない。

次の候補として考えられるのは「HCSホールディングス」になると思いますが、正直微妙だと思います。

IPOでは人気のIT系ではあるけれど、業態的に少々弱含みでJQS上場となると、人気的にどうなのかな?

それでも300株当選なら良いと思いますが、そこそこ多いポイントを使って100株当選だったとしたら、悲しいものがあると思います。

最後に

繰り返しになりますが、ポイントを使う最有力は「アイ・パートナーズフィナンシャル」になると思います。

それ以外は、正直旨味は薄いのかなと感じています。アイ・パートナーズのネックは、高ポイントを投下しないと、当選は無理だということ。

そしてかなり薄い確率ですが、中途半端にポイントを投下して、資金枠で当選したとなれば、大量のポイントが無駄になります。

その他として、ポイントがインフレしていることを考えるとアイ・パートナーズ以外でも、使えるなら使っておきたいところだと思います。

そして、SBI証券主幹事が4社もあるのでポイントが分散されて、予想以下のポイントで当選できるかもしれません。

もしくは、SBI証券が主幹事ではないけれど、初値高が期待できる「テンダ」などに、ポイントを使うのも手かもしれません。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました