これからIPOはどうなってしまうのか不安しかない!?

スポンサーリンク

NYダウが600以上のマイナス

前日のNYダウは「600以上」も下がる展開になりました。

その理由は、未だに続いている「米中貿易摩擦」の影響になります。

そして、中国が米国からの輸入品約750億ドル相当に、9月1日から最大10%の追加関税を課す報復措置を明らかにしました。

そのことを受けて、前日のNYダウが大幅に下がったということです。

こうなってしまうと、最終的に米中の「報復合戦」になってしまうと思います。

今後のことはわからない。

そこで、今後もNYダウは、下がり続けるのかなと思います。

そして、日経平均もそれに連動すると思います。

ただし、米中貿易摩擦が解消すれば、NYダウは一気に跳ね上がるとも思っています。

そのどちらになるかは、神様でもない限り、誰にも予想できないと思います。

そこで、IPOについても、今の市場の状態が続くようなことになれば・・・

不安定な状態で、どっち付かずの状態になるのかなと思います。

微妙なIPOは公募割れ!?

現状で上場を予定しているIPOは「6社」になります。

そして、まともな初値になりそうなIPOは「ピー・ビーシステムズ」と「サイバー・バズ」ぐらいだと思います。

そして、他の4社については「微妙」になると思います。

そこで、市場の状況が現状と変わらなければ、その4社の全てが「公募割れ」する可能性があると思います。

そして、仮にその4社の全てが公募割れしてしまえば、さらにIPOの地合いは悪くなると思います。

最後に

そして、IPOの地合いがさらに悪くなれば、後に続くIPOについても・・・

微妙なIPOについては、公募割れする可能性が、さらに高くなると思います。

そこで思うことは「これからIPOはどうなってしまうのか!?」ということです。

それは、地合いがどれだけ回復するかにかかっていて・・・

地合いが回復するかどうかは、米中貿易摩擦が解消するかにかかっていると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました