IPO仮条件「インティメート・マージャー」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

インティメート・マージャールの仮条件について

本日発表された「インティメート・マージャー」の仮条件について

その内容は、想定価格「2,320円」に対して、仮条件は「1,700円~1,900円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、弱気すぎる仮条件だと感じました。

その理由は、IPOでは人気の「IT系」で、業態的に良いと思うからです。

さらに、当選枚数が少ない「プラチナチケット」になりますので、なぜ仮条件を下げたのか謎になります。

インティメート・マージャーについて

インティメート・マージャーの業態は「データマネジメントプラットフォームの提供など」ですので、業態の人気は「高い」と思います。

特にデータを活用したマネージメント系の分野は、IPOでは人気が高くなる傾向ですので、業態の人気は一段上がると思います。

また、吸収金額が少ないプラチナチケットになりますので、需要も良いと思います。

ただし、吸収金額が少ない割にはVC及びSOが多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、業績については「頭打ち感」がありますので、業績に不安があると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、VC及びSOが多いこと、業績が頭打ち気味なことです。

それでも、当選枚数が少ないプラチナチケットですので、上記のデメリットを十分にカバーできると思います。

さらに、業態は人気のIT系ですので、高い初値が期待できると思います。

繰り返しになりますが、需要的に文句ないと思いますので、それだけでも高い初値が期待できると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、全力でBBに参加したいと思っています。

ただし、主幹事は「みずほ証券」になりますので、プラチナチケットと相まって、当選はかなり難しいと思います。

また、初値予想については、特に問題なく初値高になると思います。

それをいうなれば、IPOでいうところのA級よりさらに上の「S級」といっても良いと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました