IPO初値予想「AI inside」明日は初値付かずかな。

スポンサーリンク

IPO初値予想「AI inside」

上場日:2019/12/25

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:575,000株

公開価格:3,600円

主幹事:野村証券

事業内容:人工知能(AI)技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービス「DX Suite」の提供など

AI insideの考察①

業種は「情報・通信業」(光学式文字読み取り装置サービスの提供など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「575,000株」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVCはなく、SOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、前期までは赤字経営でしたが、今期を見ると黒字化(予定)しています。

そこで、業績はこれからだと思いますので、不安があると思います。

AI insideの考察②

業態は、光学式文字読み取り装置サービスの提供などですので、業態の人気は「高い」と思います。

また、IPOでは人気の「AI」などのワードを含んでいますので、人気はさらに高くなると思います。

そして、需要は普通程度で、業績を見るとこれからといった感じだと思います。

考察としては、需要や業績は良いとはいえないと思いますが、業態は良いと思いますので、高い初値が期待できると思います。

さらに、現在のIPOは好調ですので、さらに高い初値もあると思います。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:9,000円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました