I-neを初値売りできず嬉しい誤算

スポンサーリンク

嬉しい誤算

SMBC日興証券で久しぶりに当選した「I-ne」(アイエヌイー)ですが…

参考記事:IPO当落結果 2020年9月(中間報告)

昨日上場したのですが、上場日が昨日だということをすっかり忘れていました。

当選したIPOの上場日を忘れるなんて、こんなことは初めての経験かもしれません。

そして、当選したIPOについては、いつもは「初値売り」してしまうのですが、忘れていたので当然初値売りできず。

I-neが上場したのに気付いたのは、職場で昼飯を食べているときでした。

昼飯を食べているときに、ふっとIPOのことを思い出して「そういえば今日はI-neの上場日だっけ!」と気付きました。

そこで「昼飯なんて食べている場合じゃない!」と思い株価を調べてみると、なんと「ストップ高」になっているではないですか!

ラッキーと思いつつ成売り注文を出して、その後昼飯を食べ終えました。

高値で売りました!

そして、後から注文を確認してみると、ストップ高の「3950円」で約定していました。

初値が「3250円」でしたので、初値売りできず7万円も多く利益が取れました。

こういったラッキーなこともあるんですね。

ただし、終値を見ると3950円のストップ高で終了していますので、気付かず売らずに持ち越した方が良かったのかもしれません。

それでも初値売りするよりも7万円も多く利益が取れたので、それだけで大満足です。

それ以上に地合いによっては、最悪「公募割れ」もあると思っていましたので、公募割れを回避できてほっとしています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました