伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人で痛恨のミスをしてしまった!

スポンサーリンク

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人の初値が決定!

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人について、本日上場され初値が決まりました。

その初値は、公開価格「103,000円」に対して「99,300円」(公募割れ)でした。

今回は、公募割れもあると思っていましたが、まさか初値が100,000円を割るとは、思ってもいませんでした。

そして、今回の公募割れは、地合いに大きく左右されるリートの典型だったと思います。

痛恨のミスをしてしまった!①

そんなことより、今回は「痛恨のミス」をしてしまいました。

それは、朝起きて仕事に行く前に「成売り」を入れて、いつものように「初値売り」しようと思っていたのですが・・・

しかし、上場までまだ時間があると思い、9時前に様子を見てからでも遅くはないと、一旦成売りするのを止めました。

その後、仕事が忙しく株価を確認できたのは、9時を過ぎてからで・・・

そして、株価を確認すると公募割れという始末で、さらに初値は100,000円を割っていました。

痛恨のミスをしてしまった!②

そこで、少し放っておけば、100,000円を回復するだろうと安易に考え、すぐに売ることはしませんでした。

そして、昼まで株価を確認できず仕事をして、昼休みになり株価を確認すると、正確には覚えていませんが、株価は95,000円ぐらいでした。

ここで、朝一で成売りしなかったことを後悔しました。

そして、いまさらジタバタしても仕方がないと思い、結局持ち越す決断をしました。

IPOのルールを破る。

今回は、私のIPOのルールで、余程のことがない限り「IPOは初値売りする。」というルールを破ってしまいました。

それは、リートということで、公募割れしても大したことはないと、高を括(くく)ってしまった結果が、今回のミスを招いてしまいました。

ただ、現状で「8,400円×2口=16,800円」のマイナスですので、痛くはないと言ったらウソになりますが、勉強代程度で済んでいます。

そして、伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人について、今後どうするかは、現在検討中です。

今後のリートは厳しいですね。

いまさらジタバタしても仕方がないので、伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人のことは、今後ゆっくり考えたいと思っています。

それにしても、リートで人気のロジスティクス系で、伊藤忠の冠(かんむり)が付いていても、あっさりと公募割れしたということは・・・

今後上場されるリートについては、厳しいということになると思います。

それでも、地合い次第で助かるとは思いますが、上場当日の地合いを予想するのは難しく、リートについては当分の間、手出し無用だと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!