IPO初値予想「イボキン」総合リサイクル事業の上場!

スポンサーリンク

IPO初値予想「イボキン」

上場日:2018/8/2

市場:JQS

業種:鉄鋼

公開株数:717,600

公開価格:1,930円

主幹事:大和証券

事業内容:解体事業、環境事業および金属事業による総合リサイクル事業

イボキンの考察①

イボキンの業種は「鉄鋼」(リサイクル業)になりますので、業種の人気としては「普通」かと思います。

公開枚数は「717,600株」と、JQSとしては少々多目だと思いますが、その点での需要は普通かと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOなしになりますので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益は上げ下げしています(今期は増収増益予定)ので、業績について不安があるとと思います。

イボキンの考察②

イボキンの考察としては、業態が「リサイクル業」ということで、業態の人気としては普通かと思います。

ただし、業態は地味ですがリサイクル業ですので、仕事として安定性があるところは、良いと思います。

また、公開株数はJQSとしては、少々多目だと思いますが、ロックアップは180日で、VC及びSOがありませんので、需要的に良いと思います。

また、上場後はしばらくIPOがありませんので、上場するタイミングは良くそれらを加味すると、初値は公開価格の「1.5倍前後」になると予想します。

初値予想

評価:B(5)
初値予想:2,895円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!