来週は待ちに待ったヒューマンのBB申し込みが開始されます!

スポンサーリンク

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスのBB開始!

来週の26日(月曜日)から「ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス」のBB申し込みが開始されます。

そして、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスの主幹事は、私と相性が良い「大和証券」になります。

私と相性が良いというのは、ここ2~3年の大和証券主幹事を見ると、年1回か多いときは2回の当選がありますので、私と相性が良いと思っています。

しかも、当選枚数が少ないIPOの当選もありますので、大和証券が主幹事と聞くと、自然に当選を期待していまします。

大和証券以外の大手は論外!?

一方、例えば野村證券では、私は今まで12年以上IPOをしていますが、過去に一度も当選したことがありません。

また、SMBC日興証券に至っては、ここ2~3年を見ると「リート」(REIT)と「大型IPO」以外での当選はありません。

それ以外にも、みずほ証券については、2~3年に1度当選するといった感じになります。

そんなことを考えると、年1~2回の当選をくれる大和証券が、いかに私と相性がい良いというのがわかると思います。

大和証券は当選しやすい証券会社

ただし、大和証券が私と相性が良いといっても、大和証券は他の大手に比べ配分が多いので、当選する可能性が高いというのがあると思います。

それは、大和証券以外の大手の配分は、全株数の「10%」(ネット配分)になります。

しかし、大和証券の場合は「20%」になりますので、当選する確率は他の大手に比べ「2倍」になるということです。

ちなみに、配分数の20%の内訳は、一般抽選が「15%」になり、残りの「5%」は「チャンス当選」(預かり資産やポイントなどで優遇さる抽選)になります。

とにかく、大和証券は他の証券会社に比べると当選しやすい、庶民に優しい証券会社だと私は思っています。

もうそろそろ当選下さいな!

そういった意味で、私は大和証券を信頼して1000株と少ないですが、数年前から大和証券の株主でもあります。

そして、去年の年末からIPOは落選続きで、今日までのBB抽選は「30連敗」(30回連続で落選)していますので、もうそろそろ当選が欲しいと強く思っています。

そこで、是非ともヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスの当選をゲットできればと思っているのですが・・・

とはいっても、ヒューマンの当選枚数は少くないので、いくら大和証券が主幹事といえども、当選するにはかなり厳しいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!