HEROZのストップ安は今後のIPOに影響するのか?

スポンサーリンク

HEROZがストップ安

昨日初値が付いた「HEROZ」ですが、昨日初値を付けた後は下がってしまい・・・

初値で「49,000円」(公開価格4,500円)を付けた後は、大した見せ場もなく下がる一方で、最終的な終値は「42,000円」になりました。

そして仮に、セカンダリーで参戦して初値で買って売らなかった人は、7,000円下がったということで「70万」もの損失が出たということになります。

70万と言えば、IPOではS級と言われる銘柄に一回当選するか、それ以上になりますので、大きな金額になると思います。

今後のIPOに影響するのか?

そして本日、HEROZの株価がストップ安になったことで、今後のIPOに影響するのかという話しですが・・・

それは、少なからず影響はあると思います。その影響とは、セカンダリーで買い控えする人も出て来ると思います。

ただし、HEROZは特殊というか上がり過ぎた面もあると思いますので、一端IPO市場を冷やすという意味では、良かったのかなと思います。

それは、最近のIPOを見ていると、どれも予想以上に上げていましたので、今後のIPOは冷静に判断できるようになると思うからです。

IPOは初値売りが鉄則!?

とはいっても、IPO投資をしている身としては、IPO市場が少しでも冷えてしまうのは、よろしくないと考えます。

ということで、今後上場するIPOに冷えてしまったIPO市場を温めてもらえるように、期待したいと思います。

そして、HEROZの初値後の下げを見てしまうと、IPOはやはり「初値売りが鉄則」なのかなと思ってしまうのですが・・・

ただし、初値後に上がるIPOもありますので、その辺はケースバイケースということになると思います。

良くも悪くも注目度が高い

しかし、そのケースバイケースを予想するには、ベテランというか株に慣れている人でも相当難しいことだと思います。

それは、それが簡単にできるなら余裕で億万長者になれると思いますし、そこがIPOというか株の難しさだと思うからです。

それにしても、HEROZの上場後から今日までを見ていて思うのは、ここまで乱高下の激しいIPOは珍しいと思います。

そして、初値も凄ければ初値後の下げも凄いという、HEROZは良くも悪くも注目度が高いIPOということになると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!