IPO初値予想「HENNGE」(ヘンゲ)クラウドセキュリティ関連

スポンサーリンク

IPO初値予想「HENNGE」

上場日:2019/10/8

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:1,504,200

公開価格:1,400円

主幹事:野村証券

事業内容:企業向けクラウドセキュリティーサービス「HENNGE One」の提供

HENNGEの考察①

HENNGE(ヘンゲ)の業種は「情報・通信業」(クラウドセキュリティーサービスの提供)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「1,504,200株」と多いですが、吸収金額は普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは、そこそこ株数がありますので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上及び利益は伸び傾向にありますので、業績の不安は少ないと思います。

HENNGEの考察②

HENNGEの業態は、クラウドセキュリティーサービスの提供ですので、業態の人気は「高い」と思います。

また、クラウドやセキュリティーなど、人気のキーワードを含んでいますので、人気は一段高くなると思います。

そして、需要的にも業績的にも悪くないと思います。

考察としては、業態は良く、その他にデメリットもありませんので、公募割れはなく、相応の初値が期待できると予想します。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:2,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました