IPO仮条件「HENNGE」(ヘンゲ)BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

HENNGE(ヘンゲ)の仮条件について

昨日発表された「HENNGE」(ヘンゲ)の仮条件について

その内容は、想定価格「1,040円」に対して、仮条件は「1,200円~1,400円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

その理由は、HENNGEはIPOでは人気の「IT系」で、さらに「クラウド」など人気のキーワードを含んでいます。

そこで、初値が高くなる要素を含んでいると思うからです。

HENNGEについて

HENNGEの業態は「企業向けクラウドセキュリティサービス「HENNGEOne」の提供」ということで、業態の人気は「高い」と思います。

さらに、上記に書いた通り「クラウド」や「セキュリティ」など、人気が高いキーワードを含んでいます。

また、吸収金額は多くはないので、需要的にも良いと思います。

業績についても、売上及び利益は「上げ傾向」にありますので、総じてメリットが多いIPOになると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、VC及びSOがそこそこあるということです。

それでも、多すぎるというわけではないと思いますので、許容範囲なのかなと思います。

それ以外のデメリットは、これといってないと思います。

とにかく、業態、需要、業績、どれを見ても良いと思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、迷わず全力でBBに参加する予定でいます。

ただし、主幹事は「野村証券」になりますので、当選は厳しいと思います。

とはいえ、BBに参加しなければ当選もないので、積極的にBBに参加したいと思います。

また、初値予想については、最低でも公開価格の2倍以上、場合によっては、3倍越えもあると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました