IPOの初値なんて誰にもわからないって!

スポンサーリンク

初値予想について

IPOの初値予想について、私はこのブログで初値予想を勝手にやっいるというか、勝手に書いています。

そして、素人(私)がする勝手な予想ですので、外れるときも多々あります。

それでもIPOの経験はそこそこありますので、大きく外すと言うことは、それほど多くないと思います。

ただし、IPOの初値予想なんて、業態や吸収金額などを見れば極端は話し、誰でも予想できることですので…

初心者の方でも情報収集さえしっかりしていれば、そう大きく外すことはないと思います。

とは言え、情報収集をしっかりしていても、外すときは外します。

初値予想は難しい

例えば、情勢が大きくかわったときで、いわゆる「地合いが悪くなった」ときなどで…

直近で言えば、新型コロナが発生して、新型コロナが世界中に広まったとか。

米国と中国で貿易摩擦の問題が発生したとか、北朝鮮がロケットを発射したとか、要因はいろいろあると思います。

そう言ったことが突発で起これば、予想など事前に考えても無意味になってしまいます。

何が言いたいのかと言うと、予想はあくまでも予想であって、参考程度にするものだと言うことです。

その上で、最終的にIPOのBBに参加するしない、IPOを買う買わないは、自分で判断するしかないと言うことです。

微妙なIPOについて

IPOの初値予想で一番難しいのは、初値がどちらに転ぶか予想しずらい銘柄です。

いわゆる、初値予想で言うならば「公募前後」という銘柄です。

例えば、公募1000円のIPOがあったとして、いろいろな情報を仕入れても、どうなるか予想がつかない。

初値が1000円超えるかもしれないし、場合によっては1000円以下になることも、そう言ったIPOの初値予想は難しいです。

極端な話しをすればこう言ったIPOは、そもそもBBに参加しなければ良いと思います。

と言うのは、IPOはリスクが少ない投資ですので、無駄にリスクを取る必要はないと思うからです。

正直わからない

しかし、IPOで実際に当選するのは、こういったどっちに転ぶかわからないIPOが多いのも事実です。

さらに、こういったIPOで利益が出る可能性があるし、予想以上に大きな利益になる可能性もあると思います。

それが当選しやすいとなれば、BBに参加したいと思うのが、人間のサガというか欲になると思います。

誰だってお金は欲しいですからね。

微妙なIPOとは、直近で言うならば「ステラファーマ」や「テスホールディングス」と言った銘柄になると思います。

私は安パイを取って、両者ともにBB不参加としましたが…

その決断というか判断が、正しかったか間違っていたかは、今でも正直わかりません。

正解はないと思う

上場日になって、公募価格より上に行けば、私の判断は間違っていたし…

逆に言えば、公募価格より下に行けば、私の判断は正しかったことになると思います。

そこで、この判断が正確にできればどれだけ楽なんだろうと、過去に何度思ったことか。

しかし、そう簡単にできることではなく、仮に私にそれができていたなら、私は今ごろ大金持ちになっていたと思います。

と言うことで、IPOの初値なんて誰にもわからない。と言う話しで…

ましてや上記に書いたステラやテスなど、微妙なIPOは誰がどう予想しても、現時点で正解なてないと思うわけです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました