GRCSは正にIPOって感じの値動きですね。

スポンサーリンク

GRCSについて

11/18に上場した「GRCS」(ジーアールシーエス)について、初値は「5,400円」(公開価格3,600円)でした。

そして、初値を付けた後は順調の推移していて、初値後の株価の推移は以下になります。

一日目 終値「6,400円」

二日目 終値「7,400円」

三日目 終値「8,900円」(ストップ高)

順調に株価を上げていますね。

こうしてみると、正にIPOって感じの値動きになると思います。

ちなみに大手予想は「5,750円」でしたので、実際の初値は大手予想を下回りました。

明日は10,000円超えか?

上手く行けば、明日には「10,000円」を超えるかもしれません。

そうなると、初値から考えると「約2倍」になるわけです。

当選が難しい公募で当選するよりも、公募に関係なくセカンダリーに参戦した方が、利益が乗ったと言うことになります。

IPOと言うか、GRCSを信じて初値買いした人は、大正解だったと思います。

こうなると誰が予想できたのか?

多くの人は「どうせ初値を付けた後は、ダダ下がりになるんだろう?」と予想していた人が大半だと思います。

最近のIPOの状況を見れば、その予想も致し方ないと思います。

最後に

IPOが不調の中、こういったIPOが増えてくれると、後のIPOに期待が持てると思います。

また、これから12月のIPOが過密する中で、どういったIPOが初値やセカンダリーで上げて来るのか?

GRCSを見ていると「小粒(吸収金額が少ない)&IT系」と言うのが、一つのキーワードになるのかなと思います。

とは言え、そもそも小粒&IT系と言うのは、IPOでは人気が高い鉄板銘柄なので、GRCSの株価が上がる要素は十分にあったと思います。

それに輪を掛けて、野村が主幹事だったり、単独上場だったり…

そのような要因が重なって、株価が順調に推移したのが、今の結果になったのだと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました