IPO初値予想「日本グランデ」札証アンビシャス上場の不動産業

スポンサーリンク

IPO初値予想「日本グランデ」

上場日:2019/6/19

市場:札幌アンビシャス

業種:不動産業

公開株数:185,800

公開価格:750円

主幹事:藍沢証券

事業内容:不動産分譲事業、不動産賃貸事業、不動産関連事業

日本グランデの考察①

日本グランデの業種は「不動産業」(不動産関連事業)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「185,800株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは、そこそこありますので、その点での需要は普通かと思います。

会社の業績は、売上及び利益は頭打ち感がありますので、業績に不安があると思います。

日本グランデの考察②

日本グランデの業態は、不動産関連事業ですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、不動産業といっても、特にコレといった特徴はありませんので、人気は一段落ちると思います。

それ以外では、札幌アンビシャス上場ですので、公開株数が少なくても、需要的にどうなるか不明な点があると思います。

また、業績が頭打ちなのも、不安な点になると思います。

考察としては、価格的に割安感はありますが、それ以外にメリットはなく、公募割れを視野に入れる必要があると思います。

初値予想

評価:C(3)
初値予想:750円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

タイトルとURLをコピーしました