IPO新規承認「日本グランデ」珍しい藍澤証券が主幹事

スポンサーリンク

IPO新規承認「日本グランデ」

このほど「日本グランデ」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「不動産分譲事業、不動産賃貸事業、不動産関連事業」になります。

日本グランデは、これといった特徴がない、一般的な不動産業になると思います。

日本グランデの上場スケジュールなど

主幹事  藍澤証券
上場予定 札幌アンビシャス
業 種  不動産業
想定価格 720円
当選枚数 1,858枚
仮条件日 5/29  
BB期間 5/31~6/6
公開価格 6/7
申込期間 6/11~6/14
上場日  6/19

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

日本グランデの総評①

日本グランデは「不動産業」(不動産分譲事業など)になりますので、業種の人気は「低い」と思います。

当選枚数は「1,858枚」と少ないですが、札幌アンビシャス上場ですので、その点での需要は普通かと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後の行使できる枚数は少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は前期に比べると伸びていますので、業績の不安は少ないと思います。

日本グランデの総評②

日本グランデの業態は、不動産分譲事業などですので、業態の人気は「低い」と思います。

不動産業については、IPOでは荷もたれ感が強く・・・

また、不動産業としての日本グランデは、これといった特徴もないと思いますので、人気はさらに一段落ちると思います。

また、人気薄の札幌アンビシャス上場というのも、マイナスになると思います。

総評としては、業態などの内容を見ると、公募割れを視野に入れる必要がありそうです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました