IPO初値予想「グッドライフカンパニー」吸収金額は少ないですが…

スポンサーリンク

IPO初値予想「グッドライフカンパニー」

上場日:2018/12/17

市場:JQS

業種:不動産業

公開株数:460,000

公開価格:1,600円

主幹事:みずほ証券

事業内容:投資用新築一棟賃貸マンションの用地仕入れ・企画設計・施工・監理・賃貸仲介・賃貸管理など

グッドライフカンパニーの考察①

グッドライフカンパニーの業種は「不動産業」(投資用マンションの仕入れなど)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

公開枚数は「460,000株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主は掛かりが甘い「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはありませんので、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益共に年々伸びていますので、業績について不安は少ないと思います。

グッドライフカンパニーの考察②

グッドライフカンパニーの業態については、投資用マンションの仕入れなどということで、業態の人気としては「低い」と思います。

ただし、投資用不動産については、IPOでは多くある案件で荷もたれ感が強く、業態の人気としては、さらに一段落ちると思います。

また、現在の相場の状況は弱く、その点も気になるところです。

ただし、吸収金額は少なく、業績も悪くないと思いますので、その点は良いと思います。

考察としては、公募割れはないと思いますが、良い悪いが交錯している状況ですので、初値は公開価格の1.5倍上と予想します。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:2,600円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!