IPO仮条件「GMOフィナンシャルゲート」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

GMOフィナンシャルゲートの仮条件について

昨日発表された「GMOフィナンシャルゲート」の仮条件について

その内容は、想定価格「2,420円」に対して、仮条件は「2,420円~2,540円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、少々弱気な仮条件だと感じました。

その理由は、業態的に伸びしろがある業態で、吸収金額もそれほど多くないからです。

また、最近の良い地合いを考えても、もう少し高い仮条件になるのかなと思っていました。

GMOフィナンシャルゲートについて

業態は「対面型決済を行う決済端末の提供及び決済処理サービス」ということで、業態の人気は「高い」と思います。

また、吸収金額はそれほど多くないので、その点での需要は良いと思います。

主要大株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOはそこそこ多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上及び利益は年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは、特にないと思います。

強いて挙げれば、上場日の地合いが気になりますが、こればかりは上場日にならなければわかりません。

そして、業態的には今後伸びるであろう業態で、今のところ同業他社(ライバル)も少ないので良いと思います。

また、吸収金額を見ても業績を見ても、悪くないと思います。

ということで、全体的にメリットが多いIPOになると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、現時点では「全力参加」になります。

そして、主幹事は「大和証券」になりますので、当選を期待したいところですが…

当選枚数が少ないので、当選は強運でもなければ難しいと思います。

またGMO系のIPOということで、GMOクリック証券が穴場になるかもしれません。

そして、現時点での初値予想は、公開価格の「2倍程度」は固いのかなと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました