IPO初値予想「global bridge HOLDINGS」保育・介護の施設運営

スポンサーリンク

IPO初値予想「global bridge HOLDINGS」

上場日:2019/12/23

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:747,300株

公開価格:2,690円

主幹事:みずほ証券

事業内容:東京・千葉・神奈川・大阪を中心とした保育施設・介護施設の運営、ならびに付帯するICT(情報通信技術)事業など

global bridge HOLDINGSの考察①

業種は「サービス業」(保育施設・介護施設の運営など)ですので、業種の人気は「普通」かと思います。

公開株数は「747,300株」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは、気になる程度の株数ですので、その点での需要も普通かと思います。

会社の業績は、売上は年々延びていますが、利益は「赤字」になりますので、業績に不安があると思います。

global bridge HOLDINGSの考察②

業態は、保育施設・介護施設の運営などですので、業態の人気は「普通」かと思います。

そして、福祉事業は将来性はあると思いますが、同業他社は多いので、その点はデメリットになると思います。

また、保育事業についても将来の少子化を考えると、厳しいところもあると思います。

そして、業績を見ると「赤字経営」ですので、その点はデメリットになると思います。

正直なところ、業態を見ても業績を見てもコレといったものはなく、現在のIPO好調相場でなければ、厳しい面があったと思います。

考察としては、現在のIPOは好調ですので、公募割れすることはく、ある程度の利益は取れると予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:3,490円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました