IPO初値予想「ギフティ」誠意の野村が誠意を見せるか?

スポンサーリンク

IPO初値予想「ギフティ」

上場日:2019/9/20

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:5,049,300

公開価格:1,500円

主幹事:野村証券

事業内容:個人、法人、自治体を対象とした各種eギフトサービスの企画・開発・運営など

ギフティの考察①

ギフティの業種は「情報・通信業」(eギフトサービスの企画・開発・運営など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「5,049,300株」と多い「大型IPO」になりますので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要も良いとはいえないと思います。

会社の業績は、ここ2~3年で黒字化になりましたので、これからになると思います。

ギフティの考察②

ギフティの業態は、eギフトサービスの企画・開発・運営などですので、業態の人気は「高い」と思います。

また、eギフトについては、今後伸びる産業だと思いますので、将来性は高いと思います。

ただし、吸収金額が大きい「大型IPO」ですので、需要的に弱く、業績も良いとはいえないと思います。

考察は、業態は良いと思いますが、大型IPOになりますので、需要的に弱いと思います。

とはいえ、主幹事は信頼性が高い野村証券になりますので、業態と相まって相応の初値になると予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:2100円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました