IPO新規承認「ギフティ」主幹事は野村証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「ギフティ」

このほど「ギフティ」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「個人、法人、自治体を対象とした各種eギフトサービスの企画・開発・運営など」になります。

giftee(ギフティ)は、ありがとう、おめでとう、お疲れ様などの気持ちと一緒に・・・

メールやLINEなどで、気軽にeGiftを贈ることができるサービスを展開しています。

ギフティの上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  情報・通信業
想定価格 1,250円
当選枚数 50,493枚
仮条件日 8/30
BB期間 9/3~9/9
公開価格 9/10
申込期間 9/11~9/17
上場日  9/20

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

ギフティの総評①

ギフティは「情報・通信業」(eギフトサービスの企画・開発・運営など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

当選枚数は「50,493枚」と多い「大型IPO」になりますので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要も良いとはいえないと思います。

会社の業績は、ここ1~2年で急激に伸びていますので、業績の不安は少ないと思います。

ギフティの総評②

ギフティの業態は、eギフトサービスの企画・開発・運営などですので、業態の人気は「高い」と思います。

IPOについては、IT系は基本的に人気が高くなる傾向がありますので、それにならい人気は高いと思います。

ただし、吸収金額が大きい「大型IPO」で、VC及びSOも多いので、需要的に厳しいと思います。

総評としては、業態は良いと思いますが、大型IPOになりますので、需要的に厳しいところがあると思います。

そこで、現時点での初値は、地合い次第になるのかなと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました