GENOVAの初値は公募割れで残念でしたね。

スポンサーリンク

GENOVAの初値について

GENOVAの初値について、公開価格「1800円」にい対して、初値は「1760円」(-40円)となり、残念なことに公募割れでした。

前日のナスダックなどが大幅に下がっていたので、こればかりは仕方なかったと思います。

さらに日経も下げていましたので、状況と言うか地合いが悪かったとしか言えない。

それでも公募割れ後は持ち直した場面もあったので、人によってはプラスで売り抜けた人もいたと思います。

だだ、公募組の多くは初値売りしたと思うので、多くの人はマイナスだったのかなと。

それでも大きくは割れなかったので、比較的小さいダメージで済んだと思います。

ちなみに私の予想では、多少プラスになるのかなと思っていました。多少とは1万円前後ぐらいのプラスになると。

簡単に予想はできない

確かに大量に配られたIPOでしたが、市場状況が悪いのではどうしようもできない。

私が調べた限りでは、事前予想で危ないと予想していた人はいたけど、確実に割れると予想していた人はいなかった。

危ないと言うのは、場合によっては割れる可能性があると言うこと。

可能性の問題なら誰でも何とでも言えるので、吸収金額などを考えれば危ないと言うのは簡単なこと。

それ以上に、ここのところのIPOを見ていると、例えばスカイマークでさえ割れなかった状況を考えれば、GENOVAも割れないと予想するのは当然のこと。

そう考えると、今回割れたのは運が悪かったとしか言えないと思う。

言うなれば「地合いが悪かった。」と。

地合い次第

こうなると来週上場する「アップコン」や「ダイワ通信」も危ないかもしれないね。

ただしこれも上記に書いたように、2社共に地合い次第の銘柄だと思うので、地合い次第では割れない可能性もあると思う。

だから正直なところどうなるかわからない。

私も公募割れIPOを何度か掴んだことがあるけど、その多くが「大型IPO」だった。

大型IPOと言うのは、地合い次第でどうにでもなるので、当選しやすい代わりに公募割れの危険をはらんでいる。

だからもし公募割れIPOを掴みたくないなら、大型IPOの全てを避ければ良い。

ただしそれをやると、当選の可能性が高いIPOを捨てることになるので、難しいところではあるんだけど。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました