IPO新規承認「ゼネテック」主幹事はみずほ証券 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO新規承認「ゼネテック」主幹事はみずほ証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「ゼネテック」

このほど「ゼネテック」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「組込みソフトウェア及びハードウェアのシステム受託開発、製造業を中心とするエンジニアリングソリューションの提供」になります。

ゼネテックは、1985年の創立以来、携帯電話・PHS等の各種情報端末、カーナビ・カーオーディオ等の組込みシステムの設計開発をコア事業として発展した企業になります。

現在は、ソフトウェア開発、ハードウェア事業、エンジニアリング・ソリューション事業、その3分野を軸に展開している企業になります。

ゼネテックの上場スケジュールなど

主幹事  みずほ証券
上場予定 JQS
業 種  情報・通信業
想定価格 1,700円
当選枚数 5,074枚
仮条件日 2/28
BB期間 3/3~3/9
公開価格 3/10
申込期間 3/11~3/16
上場日  3/19

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

ゼネテックの総評①

業種は「情報・通信業」(組込みソフトウェアの受託開発など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

当選枚数は「5,074枚」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上は年々延びていますが、利益は頭打ち気味ですので、業績に不安があると思います。

ゼネテックの総評②

業態は、組込みソフトウェアの受託開発などですので、業態の人気は「高い」と思います。

業務内容を見ると、IT系としては極平凡で、同業他社は多いので、人気は一段落ちると思います。

それでも、IPOでは人気が高い「IT系」ですので、一定の人気はあると思います。

それ以外では、吸収金額などを見ると需要は良く、業績も良いとはいえませんが、悪くはないと思います。

総評としては、業態の人気は高く、需要も良いと思いますので、ある程度の高い初値が期待できると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました