エフ・コードもアジアクエストもガッカリな初値でしたね。

スポンサーリンク

エフ・コードの初値について

エフ・コードの初値について、私の勝手な予想としては「8000円」ぐらいにはなるのかなと思っていました。

そして、上手く行けば「1万円超え」もあるかもと思っていました。(あくまでも可能性の問題として)

とは言え、仮に株価が1万円を越えるにしても、初値後になるだろうなと思っていました。

しかし、フタを開けてみると初値は「6000円」と言う、残念な結果だったと思います。(終値は「5000円」(ストップ安))

とは言え、公開価格(2020円)の「3倍」近い初値を付けましたので、失敗ではなくある意味成功だったと思いますが…

当初の人気から考えると、残念感が大きい初値だったと思います。

アジアクエストの初値について

アジアクエストの初値について、私の勝手な予想としては…

こちらも上記のエフ・コードと同様に、高い初値になると予想していました。

初日は初値付かずで、2日目に初値8000円程度とか。そんな予想をしていました。

しかし、アジアクエストの初値は、公開価格(2430円)の「約2倍超え」の「5600円」となりました。

エフ・コードの初値を見ると、落としどころとしては、この程度かなと思いますが…

そもそもエフ・コードの初値が低調でしたので、アジアクエストの初値も釣られて低調になったのだと思います。

最後に

ただし、本日上場した「セキュア」については…

こちらは、予想外の初日初値付かずで終了しましたので、明日に期待。と言った感じになると思います。

しかし、エフ・コードとアジアクエストの初値を見る限り、それほど高い初値は期待できないのかなとも思います。

あくまでも、明日になってみなければわからないですが。

そして、今年残す上場は「Institution」のみで、今年最後の上場になりますので…

今年最後の上場と言うことで、多少ご祝儀(大手予想より多少高い初値)があるのかなと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました