IPO新規承認「GA technologies」微妙な公開株数ですね。

スポンサーリンク

IPO新規承認「GA technologies」

このほど「GA technologies」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営、プラットフォームを通じた中古不動産の売買仲介及びリノベーションの企画・設計・施工」となっています。

GA technologiesは、SBI証券が主幹事になりますが、公開株数が微妙な枚数ですので、ポイントを使う使わないで、悩みどころになると思います。

GA technologiesの上場スケジュールなど

主幹事  SBI証券
上場予定 東証マザーズ
想定価格 2,130円
当選枚数 6,000枚
BB期間 7/6~7/12
当選発表 7/13
申込期間 7/18~7/23
上場日  7/25

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

GA technologiesの総評①

GA technologiesの業種については「不動産業」(中古不動産流通プラットフォームの開発など)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「6,000枚」と、どちらかといえば少ない方だと思いますので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありで上場直後に行使できる枚数は気になる程度ですので、その点での需要面も良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益ともに伸びていますので、直近の業績については不安は少ないと思います。

GA technologiesの総評②

GA technologiesの業態については、不動産業になりますが、メインは不動産関係のプラットフォームの開発になりますので、業態の人気としては高いと思います。

また、SBI証券が主幹事になりますので、多少話題性も高くなり、公開株数も少ない方だと思いますので、需要的にも良いと思います。

総評としては、IPOとしては良い面が多いと思いますので、是非とも当選したい銘柄になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました