IPO新規承認「FUJIジャパン」札証アンビシャズ上場の小粒案件!

スポンサーリンク

IPO新規承認「FUJIジャパン」

このほど「FUJIジャパン」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「リフォーム事業(外壁材の製造、販売、卸、施工、並びに総合リフォーム事業)」となっています。

FUJIジャパンの事業内容は、リフォーム事業がメインになりますので、業態的な目新しさはなく地味さは否めないと思います。

また、札証アンビシャズ上場の小粒案件になりますので、当選が難しければ、大幅な上げも期待できないと思います。

FUJIジャパンの上場スケジュールなど

主幹事  藍澤証券
上場予定 札証アンビシャズ
業 種  建設業
想定価格 730円
当選枚数 1,100枚
BB期間 11/26~11/30
当選発表 12/3
申込期間 12/5~12/10
上場日  12/13

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

FUJIジャパンの総評①

FUJIジャパンの業種については「建設業」(リフォーム事業など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数は「1,100枚」と少なく、想定価格も低いので吸収金額は少なく、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には、掛かりが甘い「180日」のロックアップ、VCなしSOなしになりますので、その点での需要も良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益は上げ下げしていますので、業績について不安があると思います。

FUJIジャパンの総評②

FUJIジャパンの業態は、リフォーム事業などになりますので、IPOの人気としては「低い」と思います。

また、目新しさもありませんので、人気としてはさらに一段落ちると思います。

ただし、吸収金額が少ない低位株の小粒案件ですので、需要は良いと思いますので、公募割れもないと思います。

総評としては、IPOとしてコレといった点はなく、需要的に公募割れもない代わりに、上値も限定されると予想します。

それにしても、札証アンビシャス上場といえば、岡三証券が主幹事かと思いきや、まさかの藍澤証券が主幹事なんですね。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!