IPO初値予想「フリー」地合い良好で公募割れ回避!

スポンサーリンク

IPO初値予想「フリー」

上場日:2019/12/17

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:18,566,000株

公開価格:2,000円

主幹事:大和証券、三菱UFJ証券

事業内容:スモールビジネス向けクラウドERP(企業資源計画)サービスの提供

フリーの考察①

フリーは業種は「情報・通信業」(クラウドERPサービスの提供)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「18,566,000株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「180日or360日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要も良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上は年々延びていますが、利益は「赤字」になりますので、業績に不安があると思います。

フリーの考察②

フリーは、クラウドERPサービスの提供ですので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、クラウド会計については、弥生会計に次いで二番手になりますので、シェア的に弱含みだと思います。

また、吸収金額が多い「大型IPO」になりますので、需要的にも弱含みになると思います。

さらに、業績も「赤字」ですので、その点もデメリットになると思います。

考察としては、デメリットが多いIPOですので、公募割れといいたいところですが…

現在のIPOの地合いは良いと思いますので、その良い地合いの流れに乗って、公募割れはないと予想します。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:2,150円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました