少額投資で儲けたいならカリスマ創業社長に集中投資する!

スポンサーリンク

少額投資のおすすめ

少額から始める個人投資家にとって、おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。

それは「小型株集中投資」が一番である。

しかし、ほとんどの人は、以下のように思っているのではないか?

集中投資は高リスクで危険、分散投資は低リスクで安全、無名企業の小型株は不安定で損する、有名企業の大型株は安定して儲かる

これが、あたかも常識のように思われていますが、実際のところは「非常識」で、大間違いなのである。

10年あればで1憶円つれる!?

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。

手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

基本的な戦略は「1年以内」に株価が「3倍以上」になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。

ふつうの会社員でも、控え気味にシミュレーションして、10年あれば「1億円」つくれる。

創業社長が現役の会社

自分でリスクを負って、起業した創業社長は、サラリーマン社長に比べると、経営に対する覚悟や責任感、影響力のレベルが格段に強いです。

上記の1年以内に株価を3倍以上に急成長させることを前提に考えると…

創業社長の方が、カリスマ性をともなったスピード感のある経営判断を下せるので、より急成長する可能性が高いです。

とはいえ、創業社長は「ワンマン経営」になりがちではあります。

しかし、ズバ抜けた存在の創業社長が、グイグイ引っ張っていくケースが多いです。

日本でいうと、ソフトバンクの孫社長、楽天の三木谷社長などが、これに当たります。

社長や経営幹部が大株主

経営者と投資家の利害が一致することは、投資家にとって超がつくほど大切です。

その理由は、社長や経営幹部が大株主であれば、自社の株価を上げることが、自分の給料やボーナスを上げることに繋がるからです。

また、個人資産の増加に貢献しますので、投資家と利害が一致します。

例えば、孫社長の役員報酬は、年間約1億3700万円ですが、株主としての配当収入は年間約101億7300万円になります。

ということは、株主としての収入の方が、ズバ抜けて多いということです。

これは、経営者と投資家の利害が一致している点で、投資家にとって大きな魅力です。

最後に

逆にいうと、大株主の経営陣が自社株を売りはじめたら、自社の成長に限界を感じているとも考えられます。

また、社長が自社株を保有していない場合は、自分の給料を増やしたり、退職金を満額もらったりすることが、自分の利益に直結します。

そのため保身に走ったり、都合が悪い情報を隠ぺいしようとしたりする方向に、バイアスがかかります。

そこで、少額投資で大儲けするには、カリスマ社長を見るけること、株主構成がどうなっているのか確認すること。

その2点に注意して集中投資できれば、少額投資でも大儲けできる可能性がある。ということになります。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました