下手に初値予想なんてやらない方が良いのかな。

スポンサーリンク

IPOの抽選に参加する方法

IPOの抽選に参加するとき、多くの人が初値を予想すると思います。

例えば、想定価格「1000円」のIPOがあるとしたら?

サイト、ブログ、掲示板などから情報収集して、初値はどのぐらいになるのかを予想すると思います。

そして、自分が出した初値予想の結果から、抽選に参加するかしないかを決めると思います。

それは、想定価格より高い初値が付くと思えば、抽選に参加する。

逆に、想定価格より低い初値が付くと思えば、抽選に参加しない。というふうに。

微妙なIPO問題

そして、多くの場合は抽選に参加する。ということになると思いますが…

自分が予想した初値が、上記でいえば「1000円前後」の場合、抽選に参加するかしないかで悩むと思います。

その理由は、仮に当選して買ったIPOが公募割れしてしまえば、結果的に損をしてしまうからです。

これがIPOではやっかいで、悩みどころの一つになると思います。

仮に当選して買って下がったら嫌だな。でも買わずに上がったら後悔するよな。とか。

微妙なIPOだから抽選はパスしようかな。でも抽選をパスした後に、地合いが良くなったらどうしよう。とか。

今年のIPOについて

今年のIPOを見ると、公募割れしたIPOは、今のところありません。全勝です!

さらに、手数料負けしたIPOもありません。

ということは、下手に初値予想などせず、黙って全ての抽選に参加するのが良い。ということなのか?

上場が承認されたら、黙って抽選に参加する、そして当選したら黙って買う。ということにしていれば…

そもそも初値予想など初めからする必要はなく、公募割れするかもなどと悩むこともない。

その方が凄く楽だよね。

最後に

今後のIPOの初値が、どうなるかはわかりませんが…

今年の今までの結果だけを見ると、抽選(BB)不参加はせず、全ての抽選に参加するのが吉ということに。

そして、仮に当選して買っておけば、多い少ないはありますが、初値売りでプラスになっていました。

こうして見ると「IPO簡単やん!」と思ってしまいますが、そう簡単には行かず。

過去に公募割れしたIPOは多数ありますので、やはり独自の初値予想は必要なのかなと。

その上で、公開価格前後の初値予想の場合は下手にビビらず、積極的に抽選に参加するのが良いのかなと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました