IPO仮条件「Fast Fitness Japan」BBスタンスと初値予想 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO仮条件「Fast Fitness Japan」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

Fast Fitness Japanの仮条件について

本日発表された「Fast Fitness Japan」(ファースト・フィットネ・スジャパン)の仮条件について

その内容は、想定価格「2,470円」に対して、仮条件は「2,560円~2,960円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、強気すぎる仮条件だと感じました。

その理由は、フィットネス系は業態としては、それほど人気が高くないと思うからです。

また、吸収金額が大きいので、その点でも仮条件が強気すぎると感じました。

Fast Fitness Japanについて

業態は「フィットネスクラブのフランチャイズシステムの運営」ですので、業態の人気は「低い」と思います。

ただし「24時間型」ということで、差別化はできていると思います。

それでもフィットネスジムは、現状で「供給過剰気味」だと思いますので、業態的に微妙だと思います。

また、吸収金額が大きいので、需要は「弱い」と思います。

そして業績は、売上及び利益は年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは、業態的に「弱い」と思いますが「24時間型」ということで、そこまで弱くはないと思います。

また、吸収金額も大きいので、需要も「弱い」と思います。

それでも、現状の業績は良いと思いますので、その点は良いと思います。

ただし、日本ではすでに「707店舗」が存在していますので…

これ以上店舗を増やすとなると、どうなのかと思うところがあり、今後の業績が気になるところです。

それ以外では、野村証券が主幹事ということも、プラス材料になると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは、全力でBBに参加したいと思います。

その理由は、業績が延びているこや、野村証券が主幹事ということで、公募割れはないと思うからです。

また、仮条件を大幅に上げていることで、人気の高さがうかがえるのも良いと思います。

もしくは、先に上場する同業の「カーブス」の初値を見てから、BBに参加するかどうか決める手もあると思います。

ただし、主幹事は「野村証券」ですので、当選するのは難しいと思います。

また、現時点での初値予想は、ある程度利益が取れるのかなと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました