結局のところ12月のIPOに期待するしかない!

スポンサーリンク

12月のIPOに期待!

11月のIPOは、つい先日上場した「ダブルエー」と「トゥエンティフォーセブン」の2社のみになります。

また、12月のIPOは、今のところ「名南M&A」の1社みとなります。

そして、12月のIPOと言えば、一年を通してIPOの上場が一番多い時期になります。

そこで、12月のIPOに期待せずにはいられないと思います。

特にIPOをメインに投資している人にとって、12月のIPOは重要になると思います。

12月のIPOの実績について

ちなみに、12月の過去のIPOの実績は、以下の通りになります。

・2018年・・・20件

・2017年・・・23件

・2016年・・・17件

・2015年・・・19件

・2014年・・・29件

※ リートや上場中止などを含む。

12月の実績を見て思うこと

上記の12月の実績を見ると、今年の12月も20件ぐらいは、上場があるのかなと思います。

ただし、上場件数が多いということは、それだけ当選確率も上がりますが・・・

その分、資金が分散されるなどで、初値の上値も重くなります。

また、最近のIPOを見ていると、上場内容が相応に良くないと、初値高は期待出来ないと思います。

そして、そういったIPOは当選が難しいので、結果的に落選という場合がほとんどです。

最後に

このブログに何度も同じことを書いていますが・・・

IPO投資において、上場するIPO(新規承認)がなければ、無駄に資金を寝かせるだけになってしまいます。

そこで、新規案件が出ないことには、IPO投資をする意味もなくなってしまいます。

そうなれば、むしろIPO投資などやらずに、例えば高配当株でも買っていた方が、良い可能性もあります。

とにかく、早いところ新規案件が多く出てくれ!と祈るばかりです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました