IPO新規承認「イーソル」IPOで人気の組込み系の上場!

スポンサーリンク

IPO新規承認「イーソル」

このほど「イーソル」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「組込み機器向けのOS開発、組込みソフトウェアの受託開発等」となっています。

イーソルは、組込みソフトのOS開発などをしている企業で、IPOでは人気の「IT系」になります。

組込みソフトとは、例えば身近なところで炊飯器は、ボタンを一回押せば、誰にでも簡単にご飯が炊くことができると思います。

そのご飯を炊くことを制御するソフトが、炊飯器の中に組み込まれたソフトということで、組込みソフトと言います。

イーソルの上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  情報・通信業
想定価格 1,470円
当選枚数 11,903枚
BB期間 9/25~10/1
当選発表 10/2
申込期間 10/3~10/9
上場日  10/12

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

イーソルの総評①

イーソルの業種については「情報・通信業」(IT系)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「11,903枚」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOなしになりますで、その点での需要は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益は年々伸びていますので、業績について不安は少ないと思います。

イーソルの総評②

イーソルの業態については、組込み系ソフトの開発などになりますので、業態の人気としては「高い」と思います。

組込み系は、ITの業態としては多いですが、使用や活用できる分野も多いと思いますので、将来性がある業態だと思います。

また、需要としては悪くはなく、業績も良いと思いますので、メリットが多いIPOになると思います。

総評としては、野村証券が主幹事のIT系で、そこに業態や業績などを加味すると、高い初値が期待できると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!