IPO新規承認「エスコンジャパンリート投資法人」厳しいとしかいえない!

IPO新規承認「エスコンジャパンリート投資法人」

このほど「エスコンジャパンリート投資法人」が、IPO(リート)で新規承認されました。

事業内容は「商業施設を中心とした複合型リート」となっています。

エスコンジャパンリート投資法人は、暮らしに密着した商業施設を中心に、投資を行う複合型のリートになります。

エスコンジャパンリート投資法人の上場スケジュールなど

主幹事  三菱UFJ証券
上場予定 東証リート
業 種  リート
想定価格 105,000円
当選枚数 197,540枚
BB期間 1/28~2/1
当選発表 2/4
申込期間 2/5~2/8
上場日  2/13

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

エスコンジャパンリート投資法人の総評①

エスコンジャパンリート投資法人については、一般的なリートになると思いますので、人気としては「低い」と思います。

当選枚数は「197,540枚」とリートとしては「普通」程度ですので、その点での需要は普通かと思います。

そして、リートで重要になる配当利回りは「5.1%」(予想)ですので、その点は良いとはいえないと思います。

配当利回りは、約6%になりますので、その点は良いと思います。

また、スポンサーとしては、不動産中堅の「日本エスコン」がメインになりますので、その点でも良いとはいえないと思います。

エスコンジャパンリート投資法人の総評②

エスコンジャパンリート投資法人については、商業施設を中心に投資するリートということで、一般的なリートになると思います。

そこで、大きな特徴はないと思いますので、リートとしては弱いのかなと思います。

さらに、配当性を見てもスポンサーを見ても、特にコレといった強みはなく、現状を考えると厳しいと思います。

総評としては、現状の地合いなどを加味すると、買いに向かいたい材料はなく、厳しいとしかいえない状況だと思います。

それにしても、三菱UFJ証券がリートの主幹事を務めるなんて、珍しいですね。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました