IPO初値予想「ドラフト」考察と直前予想 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO初値予想「ドラフト」考察と直前予想

スポンサーリンク

IPO初値予想「ドラフト」

上場日:2020/3/17

市場:東証マザーズ

業種:建設業

公開株数:1,071,800株

公開価格:1,580円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:空間(オフィス、商業施設、都市開発、環境設計、その他)の企画デザイン・設計・施工

ドラフトの考察①

業種は「建設業」(空間の企画デザイン・設計・施工)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「1,071,800株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は「頭打ち気味」ですので、業績に不安があると思います。

ドラフトの考察②

業態は、空間の企画デザイン・設計・施工ですので、業態の人気は「低い」と思います。

それでも空間デザインの設計などということで、建設関連といっても差別化ができている点は良いと思います。

また、吸収金額を見ると、その点での需要は良いとはいえず、業績も良いとはいえないと思います。

考察としては、業態の人気は弱含みで、それ以外にもコレといった強みはなく、状況的に厳しいと思います。

また、新型コロナの影響で地合いは悪く、その点も加味する必要があると思います。

初値予想

評価:D(2)
初値予想:1,580円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました