12月のIPOは大型IPOばかりで正直ガッカリですね。

スポンサーリンク

12月の大型IPOについて

12月の大型IPOについて、正確にはIPOとは違いますが・・・

吸収金額が大きいリートの「SOSiLA物流リート 投資法人」から始まります。

そしてその後は、以下の銘柄の上場が続きます。

テクノフレックス、マクアケ、メドレー、JMDC、ランサーズ、フリー、JTOWER、SREホールディングス

それを合計すると「9社」になります。

上場予定の半数以上が大型IPO

現在まで新規承認された、12月の上場予定の17社のうち・・・

リートも含めると「半数以上」の「9社」が、大型IPOになると思います。

そして、仮に上記の大型IPOに当選したとしても、今回は公募割れになるか、利益は薄いと思います。

そういったのを考えると、12月のIPOは、ガッカリ感が大きいと思います。

それでも、大型IPOが乱立していても・・・

去年でいえば「MTG」とか「メルカリ」とか、ある程度利益が取れるIPOなら、大型IPOでも良いと思います。

悩ましい大型IPOばかり

しかし、今年は去年のような地合いとは、少し違いうと思います。

それは、去年より大きく悪化している。とまではいえませんが、決して良い状況とはいえないと思います。

そこで、去年のようにはいかないと思います。

それは、例えば初値売りで、利益が10万を超える。とかはないと思います。

ですので、12月の大型IPOについては、どれもBBに参加するかで、悩むことになると思います。

最後に

上記の大型IPOで、悩まずにBBに申し込めるのは、仮条件を見ないと何ともいえませんが、マクアケとテクノフレックスぐらい?

そして、フリーについては、現状では公募割れが濃厚だと思います。

さらに、SOSiLA物流リート 投資法人については、ここに来てリート指数が急激に落ちていますので・・・

状況的にかなり厳しいと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました