IPO当落結果「ディ・アイ・システム」毎度お決まりの結果です。

スポンサーリンク

IPO当落結果「ディ・アイ・システム」

今回は、私と相性が良いとはいえない「SMBC日興証券」が主幹事で「ディ・アイ・システム」に当選することはできたのでしょうか!?

以下、ディ・アイ・システムの当落結果になります。

SMBC日興証券

SMBC日興証券・・補欠(落選)
SBI証券・・・・落選
岡三証券・・・・・落選

毎度お決まりの結果です。

今回は、私と相性が良いとはいえない「SMBC日興証券」が主幹事でしたので、結果は見ずとも落選だろうなと思っていました。

そして、結果は上記を見ての通りで、主幹事のSMBC日興証券を含めて、全ての証券会社で「落選」になりました。

SMBC日興証券は、野村証券と同様に当選しないですね。以前の配分20%に戻さないかな。

厳しいとしかいえない。

これで、IPOは「15連敗」となりました。

10月上場で残るIPOは「リーガル不動産」と「VALUENEX」の2社のみとなりました。

ということで、前回も書きましたが、9月に続いて10月もIPOの当選はゼロで、終了する公算が濃厚になりました。

そこで「CRGホールディングス」か「プリントネット」のどちらかには当選したかった。

とにかく、厳しいとしかいいようがないですね。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!