6月のIPOはテンダとワンダープラネットの初値次第かな?

スポンサーリンク

明日上場2社の初値について

6月上場の第一弾の「メイホーホールディングス」については…

初値はそこそこ良かったと思いますが、セカンダリーはボロボロで、現在も低空飛行を続けています。

そして、6月の第ニ弾といえば、明日上場の「テンダ」と「ワンダープラネット」になります。

仮にこの2社がコケたら、個人的に6月のIPOは厳しいのかなと思うわけです。

6月早々3社もコケるわけですから、次に続くIPOも厳しいと考えるのが、妥当なのかなと思っています。

とはいえ、IPOは地合い次第といわれるように、どこでどう転ぶかはわかりません。

明日は頑張って欲しい

例えば、それまでIPOの状況が全く良くなかったとしても、突然日経が爆上げして…

それに続けとばかりに、日経と平行してIPOも爆上げする可能性も、無きにしも非ずだと思います。

しかし、そんなことは滅多にないことなので、考えるだけ無駄だと思います。

ということで、6月のIPOは「テンダ」と「ワンダープラネット」の初値次第になるのかなと思っています。

ただし、初値が仮に悪かったとしてもセカンダリーが上手く行けば、その後の影響は少ないのかなと思っています。

そして、私事ですが明日の2社の初値を見てから、デコルテのBBに参加するかどうか、最終決断したいと思っています。

また、アイ・パートについても、ポイントを使うか使わないか決めたいと思っています。

初値予想について

ちなみに、テンダとワンダープラネットの大手初値予想は以下になります。

・テンダ(公開価格「3250円」)・・・初値予想「7000円」

・ワンダープラネット(公開価格「2560円」)・・・初値予想「6000円」

こういった確実に利益が取れる、そんなIPOに当選したいと思うも…

そういったIPOは枚数が限られるので、強運でもない限り私のような庶民というか貧乏人に回ってくることはありません。

悲しいかな、それがIPOの現実です。

それをいうなれば、宝くじより10000倍マシなクジ引きに、無料で参加している感じです。

日本電界について

話しは変わりますが、個人的に注目していた「日本電解」の仮条件が本日発表されました。

想定価格「2480円」に対して、仮条件は「1800円~2480円」でした。

いわゆる「弱気」ということになると思います。

コロナ下で供給不足になっている基盤関連ということで、今上場するには悪くない業態だと思います。

ただし、資金回収目的の出口案件で、マザーズとしては吸収金額が大きく、判断に迷うIPOになると思います。

そこで、仮条件上限で公開価格決まれば、公募割れはないのかなと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました