大英産業の仮条件とBBスタンスは厳しいと思う。

スポンサーリンク

大英産業の仮条件について

今日からBBの申し込みが開始された「大英産業」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,500円」に対して、仮条件は「1,420円~1,520円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、高い仮条件だと感じました。

その理由は、福証上場の不動産業ですので、人気は落ちると思うからです。

大英産業について

上記にも書きましたが、大英産業については不動産業になりますので、業態の人気としては低いと思います。

また、不動産業といっても、一般的な不動産業になりますので、これといった特徴はないと思います。

そのことでも、人気が高くなる要素は薄いのかなと思います。

ただし、上場するスケジュール的には良く、VCはなくロックアップは180日とガチガチですので、その点は良いと思います。

BBで気になること

BBで気になることは、やはり福証上場というのと、業態的に人気が薄いことです。

そこで、無理にBBに参加する必要もないと思っています。

しかし、人気薄になる可能性があるということは、それだけ当選確率も上がると思います。

そこで、IPOはそもそも当選しにくいので、ここは勝負と見てBBに参加するのも、アリと思うことも無きにしも非ず。

ただし、仮に仮条件下限で公開価格が決まるようなことになれば、公募割れする可能性は高くなると思います。

最後に

とにかく、いろいろなことを加味すると・・・

福証上場にしては規模が大きく、業態を見ても人気が出るとは考えにくいと思っています。

そこで、今回のBBは不参加でパスすることにしました。

ということで、SBI証券のポイント取りにだけ、BBに参加する予定でいます。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました