スピンオフIPOのカーブスが欲しい人に必見の裏技について

スポンサーリンク

スピンオフIPOのカーブス

日本初のスピンオフIPOを実施する「コシダカ」(コシダカホールディングス)について

その内容を以前記事にして書きました。

参考URL:スピンオフで上場予定のカーブスホールディングスについて

コシダカが分離する社名は「カーブス」(カーブスホールディングス)になります。

カーブスの業態は、フィットネス教室の「カーブス」を運営している会社になります。

カーブスは、全国展開している教室ですので通ったことがなくても、名前ぐらいは聞いたことがある人もいると思います。

1:1で割り当てられる

そして、昨日初めて知ったのですが、コシダカの株主には…

カーブス株が割当てられるそうです。(権利取得最終日の「2/26」までに取得した場合)

そして、今回の事業分割は「1:1」になるそうです。

具体例としては、仮にコシダカの株価が「1600円」なら、1:1の「800円」ずつに分割されるそうです。

※ 調べたところ配分が1:1になるそうで、株価が1:1になるわけではないそうです。

例えば、コシダカを100株所有していたら、コシダカ100株、カーブス100株になり、株価は別々になります。

そして、コシダカとカーブスの2銘柄を保有することになります。

そこで、カーブスが欲しいと思うなら、コシダカを事前買っておけば良いことになります。

コシダカの直近の株価について

そこで、これってもしかしたらおいしいのでは?と思ったのですが…

しかし、分割することで経営効率が悪くなるなどの理由で、基本的に株価は低くなりがちなんだそうです。

そこで、スピンオフすることが一概に良いとはいえず、メリットもあればデメリットもあるということになると思います。

とはいえ、ここ一週間のコシダカの株価を見ると、上げ傾向にあると思います。

最後に

カープスの上場が、まだ決まったわけではありません。

そこで、仮にスピンオフが取り消しになり上場されないとなれば、コシダカの株価が下がる可能性があると思います。

とはいえ、その逆もありきで承認されれば、株価が大きく上がる可能性もあると思います。

また、承認されても織り込み済みということで、株価が反応しない場合もあると思います。

とにかく、カーブスが欲しいならコシダカを事前に買うという、裏技というか方法があるということです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました