スピンオフで上場予定のカーブスホールディングスについて

スポンサーリンク

カーブスホールディングスの上場について

去年の10月にアナウンスされた内容ですので、知っている人も多いと思いますが…

コシダホールディングスが「スピンオフ制度」を利用して、今年の3/2に事業を分離すると発表しました。

分離する会社の社名は「カーブスホールディングス」(カーブス)になります。

そこで、3/2のスピンオフに合わせて、カーブスホールディングスが、上場する可能性が高いと言われています。

また、3/2に上場予定ですので、来月上旬には想定価格やBB期間など、詳細が発表されると思います。

スピンオフについて

上記の「スピンオフ」とは、企業が持っている事業を別会社として、分離・独立させることになります。

また、子会社を本体と資本関係のない、独立した会社にする仕組みです。

スピンオフによる効果は、経営の独立、資本の独立、上場の独立による、企業価値の向上が期待されます。

そして、会社を分離・独立させると聞くと「親子上場」なのかと思われがちですが…

スピンオフは、親会社から完全に独立しますので、親子上場とは違う形になります。

参考URL:株式分配型スピンオフについて(コシダカホールディングス)

コシダホールディングスとは

コシダホールディングスとは、カラオケ事業や温浴事業などを展開している会社になります。

中でも、カラオケ「まねきねこ」といえば、聞いたことがあるとか、実際に行ったことがある人もいると思います。

私自身は、まねきねこに行ったことはありませんが、名前は以前から知っていました。

また店舗としては、国内だけでなく海外でもカラオケ店を開設していてます、

そして店舗数は、全店で「500店」を超えています。

カーブスホールディングスとは

分離・独立する「カーブスホールディングス」とは、フィットネス教室の「カーブス」を運営している会社になります。

カーブスとは、女性だけの30分健康体操を開催している教室になります。

また、カーブスの運営は直営ではなく、フランチャイズチェーンシステムになっています。

店舗数としては、全国で「2,000店舗以上」になり、会員数は「86万人」を超えています。

参考URL:カーブス

上場に関して

まだ上場する内容(詳細)が不明ですので、何ともいえませんが…

カーブスといえば、知っている人もいると思いますので、知名度はそこそこ高いと思います。

ちなみに、私自身も知っていて通ってはいませんが、何度か教室を見たことがあります。

また、今後の高齢化に向けて、気軽にできるフィットネス教室ということで、業態的に悪くないと思います。

ただし、現状を見るとフィットネス系は「飽和状態」だと思いますので、経営的に厳しいところがあると思います。

とはいえ、時間は30分、女性限定、会費が安いなど、差別化はできていると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました