サイバーセキュリティクラウドのポイント当選が300株ってマジか! | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

サイバーセキュリティクラウドのポイント当選が300株ってマジか!

スポンサーリンク

とんでもない書き込み

昨日、サイバーセキュリティクラウドのBB抽選の結果のことなどで、ヤフーの掲示板を見ていたところ…

とんでもない書き込みを発見してしまいました。

その書き込みとは、IPOポイントチャレンジを使って、サイバーセキュリティクラウドに当選したとの内容です。

それは、ポイントを使って当選した。

そこまでは普通にわかるのですが、ポイント当選した株数は…

なんとビックリの「300株」だったそうです。

嘘ではなかった。

そこで、ネットお得意の「どうせ嘘なんだろう?」と思いました。

しかし、掲示板の情報だけでなく、念のためにツイッターでも確認したところ…

同じような人がいましたので、嘘を付いていたわけではなく、間違いないと思います。

そこで思ったのは、公開株数が足ったの「700枚」しかないのに「なぜに300株当選なの?」ということです。

多くの人は100株当選だと思い、さらに新型コロナのことがありましたので…

多くポイントを持っていたとしても、今回はポイントを使わなかった。という人が多かったと思います。

SBI証券のサジ加減で変わる?

伝説のRPAのポイント当選が「300株」のときにも思ったのですが…

なぜ突発的にポイント当選の当選株数をコロコロと変えるのか?ということです。

単純に、公開株数が多いなら300株当選、少ないなら100株当選、それで良いのではないでしょうか?

そして、何かしらの法則性があるのならわかるのですが、そこに法則性はありません。

それは、単なるSBI証券のさじ加減で、法則性を探したところで無駄だと思います。

もしくは、仮に法則性があるとするなら、ポイントを使う人が多かったとか少なかったとか、その辺になると思います。

ポイントの利用人数で変わる!?

それは、ポイントを使う人が多かったときは、多くの人に配分するのに100株当選

逆に少なかったときは、300株当選になるみたいな。

それならば、上記に書いたRPAのポイント当選が300株というのも、納得できるのかなと思います。

そこで、ポイント当選のボーダーラインを予想するのは、無駄なのではと思うわけです。

仮にボーダーを予想するなら、あくまでも予想ということで、予想すること楽しむ程度のことになると思います。

最後に

そして、多くのポイントを持っていた人は…

今回ポイントを使わないで失敗した!と思っている人が、少なくないと思います。

また、事前に300株当選とわかっていたら、私もポイントを使っていたと思いますが、ポイントが足りず落選だったと思います。

また、今回のポイント当選のボーダーラインは、情報が少ないので詳細は不明ですが…

私が調べた限りでは「610ポイント前後」だったようです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました